doTERRA(ドテラ)は、「純粋な天然のエッセンシャルオイルを通じて、世界中の人々の健康に貢献したい」という想いから生まれた、アメリカのエッセンシャルオイルメーカーです。doTERRAとは、ラテン語で「地球(TERRA)からの贈り物」という意味です。

doTERRAは、全ての製品にCPTG (Classified Pure Tested Grade: 認定純粋セラピー等級)という独自の品質基準を設けることで、安定して高品質な製品を提供するために原材料の質と品質管理に徹底的にこだわっています。CPTGは、AFNOR(フランス規格協会)やISO(国際標準化機構)の基準をはるかに超えており、 マススペクトロメトリー(質量分析)とガスクロマトグラフィー(ガス混合成分分析)を行うことによって、抽出物の構成や働きを明らかにしています。産地や品種、部位を選び抜き、最適なタイミングで収穫することで、有用性の高い成分を抽出しています。また、生産ロットごとに、増量剤などの添加物や農薬などの残留物、不純物が含まれていないか、適切な量の有用成分が含まれているかどうかなどが厳しくチェックされています。

doTERRAの認定純粋セラピー等級エッセンシャルオイルは100%純粋で天然、そして合成化合物や有害物質が一切含まれていないことを保証されており、今日手に入るエッセンシャルオイルの中で最も安全でお役に立つオイルであると言われています。その有効性を弱める増量剤や人口原材料を一切使用しておらず、農薬やその他の化学残留物などの汚染物質も一切含まれていません。

CPTG(認定純粋セラピー等級)エッセンシャルオイルは、以下の基準を満たしたものである必要があります。

  1. 植物から丁寧に抽出し、純粋で天然の芳香化合物であること
  2. 増量剤や合成原料不使用で、合成原料を使用していないこと
  3. 不純物、農薬または残留物が含まれていないこと
  4. 化学組成の基準を確認する厳格な検査を受けていること
  5. マススペクトメトリーおよびガスクロマトグラフィーによるクロステストを行い、純度および化学組成の確認がされていること
  6. 適切な品種が確実に理想的環境で栽培され、植物原料が適切な時期に丁寧に収穫される、世界有数のエッセンシャルオイルの化学者および生産者によるグローバルネットワークを通じて植物原料が調達されていること